top

リハビリテーション科

一面全てガラス張りで300平方メートルの開放的な空間です。ガラス越しに木々の緑を目にすることができ、リラックスできる環境でリハビリテーションを提供しています。
スタッフは、入院・外来のリハビリテーション業務、通所リハビリテーション業務、訪問リハビリテーション業務を行っています。

外来リハビリテーションを受けるまでの流れ

理学療法について

病気やケガにより、日常生活に支障をきたした方々に対して、筋力をつける運動を行なったり、異常な関節の運動を改善させることにより痛みや異常姿勢を整え、起き上がり、立ち上がり、歩行など基本的な動作能力の回復を図る身体的なリハビリテーションです。

平行棒・階段でのリハビリ

作業療法について

病気やケガにより、食事動作やトイレ動作、整容動作など身の回りの動作や家事などが困難になった方に、動作の練習や道具の工夫など環境設定を行い、生活を行いやすくするリハビリテーション及び精神・認知面に対するリハビリテーションを行います。

巧緻動作リハビリ
家事動作練習用のキッチン

物理療法について

電気療法、牽引療法、温熱療法など機器を使用した治療です。主に、疼痛や筋の硬さに対してリラクゼーションや循環機能改善を図ります。

牽引と各種電気治療器