令和元年度 我孫子聖仁会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 17 24 19 36 72 74 246 335 156
当院の退院患者数は980人で、年齢階級別では、80歳代が34.2%と最も多く、次いで70歳代が25.1%、90歳代が15.9%となってます。70歳代から90歳代医以上では、75.2%と全体の約7割を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
令和元年は、DPC準備病院のため(集計に必要なデータがないため)掲載できません。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
令和元年は、DPC準備病院のため(集計に必要なデータがないため)掲載できません。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
令和元年は、DPC準備病院のため(集計に必要なデータがないため)掲載できません。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
令和元年は、DPC準備病院のため(集計に必要なデータがないため)掲載できません。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
令和元年は、DPC準備病院のため(集計に必要なデータがないため)掲載できません。
血液透析
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
令和元年は、DPC準備病院のため(集計に必要なデータがないため)掲載できません。
緩和ケア
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
令和元年は、DPC準備病院のため(集計に必要なデータがないため)掲載できません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 4 2 1 1 7,8
大腸癌 1 2 5 5 1 2 7,8
乳癌 5 4 2 1 7,8
肺癌 2 2 1 5 1 7,8
肝癌 1 2 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌5大癌と呼ばれている、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けての集計となります。
当院では、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌それぞれStage IからStage IV期まで再発を含め、入院治療しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 2 17 69
中等症 41 27 86
重症 6 12 86
超重症 3 87 84
不明
成人市中肺炎の患者さんの人数を重症度毎に集計しました。重症度は、成人市中肺炎診療ガイドラインによるA-DROPを用いて分類しました。
当院の成人市中肺炎は、中等症41名と最も多く、次いで、重症6名、超重症3名、軽症2名となってます。中等症以上の患者さんの平均年齢はは80歳上と高齢になっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 9 42.33 87.11 11.11
その他 6 81.5 81.67 0
脳梗塞の患者数について、発症から3日以内は9名、その他は6名となっています。
当院では一般病棟での急性期治療終了後、療養病棟へ転棟してリハビリテーション治療を行う患者様もおり、平均在院日数が長くなる傾向にあります。
また、より高度な治療が必要となる患者様は地域の専門病院等へ紹介転院することもあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 52 42.48 58.84 0 85.69
k013-22 全層植皮術(25㎠以上100㎠未満) - - - - -
胃瘻増設術は、脳梗塞後遺症等のさまざま要因から口から食事が取れない方や食べ物がうまく飲み込めない方に、直接胃に栄養を入れるための管を設置する手術です。手術により症状が改善しても自立生活が困難な方が多く入院日数が長くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k7142 水頭症手術(シャント手術) 38 3.16 9.68 0 78.68
k6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 10 0 3 0 71.4
k7193 結腸切除術(悪性腫瘍手術) - - - - -
k673 胆嚢摘出術 - - - - -
k4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの・胸筋切除を併施しないもの) - - - - -
当院の外科は、外傷に対する外科の他、消化器全般の悪性腫瘍手術、乳がんの手術、水頭症に対しての手術などを入院治療しています。
水頭症は、過剰に貯留した脳髄液が脳を圧迫して、認知や歩行などの障害をきたす疾患です。頭部外傷やくも膜下出血にも併発しますが、高齢者では特定の誘因のない特発性水頭症が多くなります。それに対して有効な手術はシャント手術と呼ばれ、体内に特殊なチューブを留置して脳髄液を腹腔内へ流す手術となります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k0461 骨折観血的手術(大腿) 20 6.6 46.95 0 82.4
k0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
k048 骨内遺物(挿入物)除去術(前腕) - - - - -
k0462 骨折観血的手術(前腕・下腿・手舟状骨) - - - - -
k0732 関節内骨折観血的手術(手) - - - - -
当院の整形外科では、四肢・躯幹の骨折、脊椎脊髄疾患、膝・股・肩関節など関節変形疾患、スポーツ外傷、関節リウマチ、骨粗鬆症、交通事故、労災事故による外傷や高齢者の骨折などを対象に診療しています。
大腿骨に対する手術は骨が脆くなっているところに転倒して受傷する方が殆どです。高齢者が多いため平均年齢は高くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k2821 水晶体再建術 眼内レンズ挿入する場合 その他のもの 63 0 0.87 0 74.98
k2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
最も件数が多いのは、水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)その他で、白内障に対して行う手術です。
当院での白内障手術では、事前に外来での術前検査を行うことにより片目の手術を一泊二日で行うことができます。
血液透析
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k610-3 内シャント設置術 - - - - -
k616-4 経皮的シャント拡張術 - - - - -
10症例未満のため解説なし
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 2 0
180010 敗血症 同一 2 0
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
【播種性血管内凝固症候群】
 DICとも呼ばれ、様々な重症の基礎疾患のために過剰な血液凝固反応活性化が生ずるため生体内の抗血栓性のコントロールが十分でなくなり、全身の細小血管内で微小血栓が多発して臓器不全や出血傾向がみられる重症の病気です。
【敗血症】
 体のある部分で感染症を起こしている場所から、血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす全身性感染です。

〇主な治療対象が入院の原因である疾患と同一じなら「同一」、違う場合は「異なる」に分類されます。
更新履歴
2020/9/30
医療法人社団聖仁会 我孫子聖仁会病院 病院指標 公開